マイナンバー管理システム「m-collector」のご案内

 弊社では、来たるマイナンバーの本格導入開始を前に、マイナンバー収集管理サービス「m-collector」をリリースしました。

本サービスでは、セキュリティを考慮したマイナンバーの収集と管理、保存、破棄までをスムーズに行うことができます。 マイナンバーの管理を正しく取り扱えない場合、罰則を受ける可能性があり、それらを管理することは義務となります。現時点で対策していない、という事業主や社内での情報セキュリティ担当者の方は、ぜひ以下の文章をお読みください。

 

■マイナンバーとは

国民一人一人に割り当てられた番号です。 この番号は、税金や社会福祉を受ける際に必要となる非常に大切な個人情報となります。 今後、事業主の方は、従業員とその扶養者のマイナンバーを収集し、適切に保存・管理し、各役所へ書類と共に提出する必要があります。 こうした運用が本格的に開始するのが、今年(2016年)の年末からと言われています。

 

■マイナンバーの適切な収集と管理

簡単に言えば、紛失しないような安全な方法で集め、保存するということです。 例えば、郵送は安全な方法といえるでしょうか? 最近、郵便事故のニュースをよく聞きます。また、複数拠点を持つ事業所の場合、収集手順や責任者を複数決める必要もあります。 保存については、鍵付きのキャビネットに保存しなければなりませんが、書類の管理手順の作成、廃棄手順の作成など、未整備の場合は色々なことを決める必要があります。

 

■m-collectorの特徴

m-collectorは、世間で流通しているマイナンバー管理システムでは軽視されがちな「収集」プロセスに特化しています。マイナンバーに関する情報をスマホで写真撮影し、電子データとしてアップロードするため、セキュアでかつ容易に情報を収集・管理することが可能です。データは、強固なセキュリティを設定したクラウドサーバー上に保存することで、無駄なスペースも不要となり、廃棄は電子データを削除することで完了できます。

 

※ m-collectorの利用価格やマイナンバー管理の詳しい情報については、こちらをご参照ください。 また、m-collectorに関するお問い合わせは、こちらのフォームにて承っております。 マイナンバー管理についてのお悩みなども、お気軽にご相談ください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です